竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は?

竹内結子1 エンタメ

竹内結子さんが自ら命を絶ったというニュースに、多くの人が震え上がるような気持ちになっているようです。

竹内結子さんはいつも明るく元気で、トップ女優としての地位を保ち続けてきた存在です。

16歳でヒロインとして華々しくデビュー、その経歴も主役やヒロインといった大役ばかりでした。

私生活では一度離婚はしているものの、2019年に5歳年下の俳優・中林大樹さんと再婚、2児の男児の母でもあります。

竹内結子さんが死の直前に語っていた、あるインタビューが自死のヒントになるかもしれません。

ダメな自分

40歳の年齢が原因?

竹内結子さんが受けていたインタビュー記事が掲載されたのは、2020年9月7日発売の女性誌「LEE」。

ここでは

1980年生まれ、今年でジャスト40歳の女性

へのインタビュー特集が組まれていました。

竹内結子さんは、

30代は「仕事と育児の濃い日々で必要以上の気負いが」

と答え、

40代は「ひとりではできないと周りに甘えられるように」

と答えています。

自己分析している性格

20・30・40代の分析

竹内結子さんが自身で分析していたのは、このような性格でした。

「40歳という年齢に後ろ向きな気持ちはまったくなくて、むしろ肩からポロポロといろいろなものが落ちて、軽くなるような感覚がありますね。

自分のポジションを作らなきゃって頑張っていた20代、子どもができて自分の人生を考えるようになった30代前半。

30代中盤は、いただく役柄の影響もあってか、人を引っ張っていくようなポジションが増えて、妙な気負いがあったタイミングも。

今はまたひとつ段階が進んで、これまでの自分にお疲れさまという気分ですね。

その流れの中で、30代は体の変化も感じるようになり、20代の頃のように気持ちだけでは徹夜できないと実感して。

ひとりでやりたい、頑張れるはずだと頑なだったのですが、周りの手を借りないといけないなと気づいた時期でもありました。

人に頼れるようになったことは、大きな変化ですね」

LEE

イライラする面があった

竹内結子さんを芸能人としてみている限りは、どんな人だったか正直分からない面も多くあります。

竹内結子さんはこのように自己分析をしています。

30代は仕事と育児を両立する中で、例えば『お茶を飲んで一息つきたいな』と思っても、それが自分のわがままなんじゃないかと感じて、押し込めていました。
そのイライラが、外に向けて出てしまっていたんですね。

LEE

自分の中で気持ちを煮詰めてしまうからこじれるのであって、どうしてほしいかをストレートに伝えればいいんだと気づきました。

最近も、思ったことはその場でパッと出すトレーニングをしているところ。

決してうまくはないけれど、20代、30代よりはできるようになったんじゃないかなと思います

LEE

『自分の中で気持ちを煮詰めてこじれてしまう』とは、どんな意味なのでしょうか?

そして40歳を迎えた今は『トレーニングしているところ』と答えています。

竹内結子さんは周囲への気遣いを大切にするあまり、自分の感情のコントロールを後回しにしてきた可能性が高いようです。

誰もがそうですが、年齢が「節目」となったとしても昨日と今日や去年と今年とすぐに変われるものではありません

それをインタビューなどが多い芸能人や著名人は公けにせざるを得ません。

多くのファンや世間に対し無理にポジティブな発言をし、それを実行しなければいけないというプレッシャーは相当なものだと思います。

できないことが怖い

竹内結子さんは冷静に自分を見つめる面があったようです。

自分ができないことを知るのってとても怖いですよね。

20代の頃、事務所の方に『自分を認めなさい』と言われたことがあって。

認めるって要するに、できないことや苦手なこと、ダメな自分も目をそらさずに見るということ

当時は『そんなのわかってます』とできているつもりでいたけれど、40歳の今も、まだ私は自分のことを100%認めていないと思います(笑)。

40%、いやもしかしたら20%ぐらいかも。

役柄を生きることは自分を知るきっかけにもなるので、今後も演じながら自分を知っていけたらいいなと思います

LEE

竹内結子さんは『自分ができないことを知るのは怖い』とし、今の自分について『自分のことを100%認めていない』『20%ぐらい』としています。

竹内結子さんの自己肯定力があまりにも低いことに、今読み返すとどれだけ苦しい想いがあったのか、と思います。

世情の影響も?

三浦春馬の死

竹内結子さんの急逝と死因が自殺とみられると聞いた時、誰もが2020年7月18日に自死した三浦春馬さんを連想したと思います。

実際、竹内結子さんと三浦春馬さんは映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編」で共演もしており、熱愛のうわさまでありました。

熱愛に関してはすぐにまったくのデマと判明しましたが、仲の良い信頼・尊敬しあう俳優仲間だったのです。

竹内結子さんにとって大きな衝撃と哀しみであったことは間違いありません。

事務所との関係

女優の芦名星さんが2020年9月14日に、同様に自死しました。

恋人との破局が原因であったとも言われていますが、ほかにも考えられる要因がありました。

芦名星さんの場合は、コロナ禍によって仕事が減った上に給料体形が歩合制になったとも報じられています。

また、自死に選んだ手段が三浦春馬さんとほぼ同じのため、心の友・同士としての交流も取りざたされています。

芦名星さんは36歳で自死する日に発売された週刊誌で、下着姿のグラビアに挑戦さえしています。

芦名星さんの場合は、多くの要因が重なり絶望的な心理状態になっていた可能性があります。

竹内結子さんの場合はどうだったのでしょうか?

仕事と家庭のあいだで?

竹内結子さんの場合、事務所からの重圧というのはあまり考えられません。

金銭面でも数億と言われる自宅マンションや、今までトップ女優として稼いできた多額の預貯金などがあると思われます。

また、夫の中林大樹さんも実力派人気俳優として仕事も順調です。

現在14歳という長男と、0歳の次男についても、子育てを学び楽しんでいる、というコメントでした。

2020年9月1日には、2015年からCMキャラクターとつとめているサッポロ一番のキャンペーンにも参加し元気な姿を見せていました。

その時のようすを竹内結子さん自身が、インスタグラムに投稿しています。

関連記事

竹内結子さんについての関連記事

関連記事

まとめ

順風満帆、これから円熟を増してさらにすばらしい女優としての可能性を秘めていた、竹内結子さんの突然の自死のニュース。

突然の死に際し、悲痛な思いが寄せられています。

本当に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  2. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  3. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  4. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  5. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  6. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  7. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

  8. […] 竹内結子が死の直前に語った強烈な自己否定が判明?自死の真実は? […]

タイトルとURLをコピーしました