階戸瑠李(しなとるり)の突然死はてんかん発作?確率は5年で大差に?

階戸瑠李 エンタメ

女優・階戸瑠李(しなと・るり)さんの急逝は衝撃的でした。

亡くなる2週間前の人気ドラマ「半沢直樹」で、やる気のない女性社員役が話題になり再ブレイク目前の死

当初、死因は発表されず階戸瑠李さんの持病とのみ発表されていましたが、死因となった持病はてんかんであるようです。

遅咲きの女優だった?

階戸瑠李さんは、英語が大好きで名門大学・上智大学を卒業した才女。

グラビアアイドルにあこがれ芸能界へ。

人気絶頂でしたが、

2016年27歳で女優への道を志し、グラビア界を引退。

所属事務所を変え、半年後には再びグラビア界へ。

2年余りのちの2018年には、事務所を離れてフリーに。

2019年に現在の事務所・G-STAR.PROに所属します。

この間に、階戸瑠李さんは相当の苦労をされてきたと思います。

2018年から女優としての仕事のオファーが増え、
まさにこれからという時でした。

治療はしていたのか?

持病はてんかんだった?

階戸瑠李さんの持病について、
急逝の際の事務所発表では明らかにしないという意向でした。

けれども、階戸瑠李さんの持病がてんかんであったことが、
ツイッターで公表されました。

てんかんの発作は、
けいれん、硬直、意識の消失、感覚・感情の変化、特殊行動
など様々です。

てんかんの原因は解明途中で、現在研究中でもあります。

階戸瑠李さんは『てんかんを少し有しており』と、
公式のツイッターにはあったそうですが…

少し、では片づけられない危険な病気です。

てんかん、ということを認識していたということは、
医師の診断を受けていたということになります。

発作がなくても治療が必要?

てんかんは、長期間発作がない場合があるそうです。

5年間てんかんの発作がなく、
治療をしていない場合の患者が発作を起こして亡くなるのは、
てんかん発作の死亡者の45%にもなるそうです。

治療をしていて5年発作がない場合で11%、
治療をしていて5年以内に発作があった場合で44%が
てんかんで死亡するという研究結果があります。

階戸瑠李さんが『てんかんを少し有して』と
簡単に済ませてしまうことには、
定期的な治療や検査がされていたのか
という疑問が残ってしまいます。

抗てんかん薬の副作用は女性にとってどうなの?

抗てんかん薬は、女性ホルモンに大きくかかわるようです。

特に女性として気になるのは、
体重増加と眠気
多毛(毛深くなる)、歯茎の腫れ
という見た目にかかわってくる副作用があります。

これを気にして服用しないと、発作のリスクは高まるようです。

また、てんかん患者の死因として高いのが突然死です。

なんと18%もの高い確率ですが、
これもまた原因が解明されていません。

階戸瑠李さんの持病がてんかんで、
何らかの理由で治療を継続していなかった可能性もあります。

まとめ

今まさに再ブレイク目前だった階戸瑠李さん。

グラビアアイドルから女優へ転向する際には、
さまざまな苦労があったと想像できます。

女優としての演技力が認められ、
舞台、映画、テレビと着実にステップアップしてきた…

階戸瑠李さんの夢がこれから、というのが、
人気ドラマ「半沢直樹」出演だったと思います。

世間のみなさんの反応も見てみましょう。

夢を追い続けた31年の人生だったと思います。

たくさんの人が応援していた階戸瑠李さん、
ご冥福をこころよりお祈りお祈り申し上げます。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました