小栗旬主演ドラマ日本沈没の本当の主人公は誰?話題にしない理由は何?

1 エンタメ

2021年の日曜劇場で「日本沈没」がドラマ化!

主人公はあの小栗旬さんということで話題騒然ですが、キャストを見て驚きの声もあるようです!

本当の主人公は小栗旬さんではないのでは?と言われるのは、なぜなのか調査しました!

物語の中心

内容や魅力は?

「日本沈没」は、昭和を代表する小説家の一人・小松左京さんによるSF小説です。

「日本沈没」は何度も映画・ドラマ、2020年にはアニメにもなったロングセラー!

それだけ魅力のある内容、そして誰もが興味深く見るテーマだからこそ何度も登場しています。

そして今回2021年の10月期・日曜劇場でドラマ「日本沈没ー希望のひとー」として、再びテレビドラマとして制作されることが発表になりました。

小栗旬さんが主演で、その他のキャストも松山ケンイチ・杏・仲村トオルなど、実力人気ともに備わった俳優陣が話題となりました。

話題性でいけば中心となっているのは、完全に小栗旬さんですね!

でも本当の主人公は…

注目は脚本?

今回の「日本沈没」の脚本家は橋本裕志さんが担当します。

もともと舞台の脚本を書いていましたが、映画・アニメ・ドラマへと活躍の場を広げました。

作品を見て驚く方も多いと思います!

最初に描いた連続ドラマは「ショムニ」!

そこから「WATER BOYS」「死神くん」「オトナ高校」など、多くの話題作を手がけています!

橋本裕志さんは以前、山崎豊子さんの大作「華麗なる一族」をドラマ化した時にこんなコメントをしています。

原作がある場合は『原作よりも面白い』と思わせたい、という気持ちで取り組むわけですけど、そうすると、どうしても舞台や人物の設定を変えざるを得ないこともあるので、原作を尊重しているつもりでも原作者サイドと揉めることもしばしばあって(笑)。

だから僕の場合は、どちらかと言うと、オリジナルの作品を自由に書く方が楽しくて好きですね。

そもそもテレビドラマというのは、オリジナルのものを発信しやすいジャンルだと僕は思っていて。

脚本家としてもそれが一番ワクワクする仕事だと思っています。

週刊アベマ

2017年のインタビューですが、オリジナルを得意とする橋本裕志さんが今この日本中で聞いたことがない人はいないという、大作「日本沈没」の脚本を担当することになったのが注目です!

小栗旬さんの役・天海啓示(あまみ・けいし)とは?

話題のダブル主演となる?

オリジナルキャラクター

日曜劇場「日本沈没」の主人公は天海啓示(あまみ・けいし)、小栗旬さんが演じます。

天海啓示は上記の脚本家・橋本裕志さんがつくり上げた、「日本沈没」では初のキャラクターです。

天海啓示の人物設定は『目的のためには手段を選ばない野心家』『環境省官僚』。

個人的に2020年に日本中の話題をさらった大人気ドラマ「半沢直樹」を思い出してしまいました。

もちろん時代性も取り入れるための設定だとは感じますが、タイムリー過ぎる感じもしますね!

しかも名前の『啓示』には、『人間の力では知ることができない宗教的真理を、神・天使などの超自然的存在を介して人間に伝えること。天啓。』というような意味もあります。

何だかゾクゾクしますねΣ(゚д゚lll)

元の主人公は?

実は原作「日本沈没」の主人公は、地球物理学者・田所雄介博士です!

60歳を超える年齢で、新興宗教団体をスポンサーにした個人研究所で研究に没頭する博士です。

「日本沈没」について科学的な証明ができないものの「直感的にくる」と感じていたという人物。

この田所雄介役を今回の日曜劇場で演じるのが、俳優・香川照之さん!

ドラマでは『日本地球物理学会の異端児』とされています。

これは偶然のキャスティングとはどうしても思えません!

本来の主人公であった田所雄介は、あの香川照之さんが演ずるんです!

しかも「半沢直樹」と同じ日曜劇場です!

期待するのは、「官僚」「異端児」そしてミーハーですが「顔芸」です!

まとめ

2021年10月期 ドラマ、TBSの日曜劇場で「日本沈没」が放送されるということに期待でいっぱいです!

脚本家の橋本裕志さん、日曜劇場、オリジナルキャラクターが主人公、小栗旬さん、何といっても香川照之さん!

W主演ともいえそうですが、そこは見てからのお楽しみということなのでしょうか?

みなさんは「日本沈没」の主人公の本命は、どちらになると思いますか?

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました(^▽^)/

コメント

  1. […] 小栗旬主演ドラマ日本沈没の本当の主人公は誰?話題にしない理由は何? エンタメ シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

タイトルとURLをコピーしました