無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とは?敏感肌用?口コミは?

無印 話題

生活雑貨や食品だけではなく、今では化粧品でも人気の高い「無印良品」の製品は、コスパもよく品質に優れていると、使用する方が増えていますね。

2020年5月に、「無印良品」から新発売となった『日焼け止めミルク』が話題になっています。

気になる成分についても調べてみたいと思います。

無印の『日焼け止めミルク』の紫外線吸収剤は敏感肌に影響しないのか等、お伝えしていきます。

無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とは?敏感肌用?

無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とはどんなもの?

「無印良品」の新製品である『日焼け止めミルク』には、紫外線吸収剤が使用されています。

この紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線を吸収して、化学反応を起こすことで肌の内部へ紫外線が入り込むのを防いでくれます。

紫外線吸収剤は、紫外線のブロック効果が高いこともあり、日焼け止めに使用されている場合が高いです。

ただ、この紫外線吸収剤が紫外線を吸収する時に、肌表面にチクチクした刺激を感じることもあります。

無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とは?敏感肌用?

「無印良品」の『日焼け止めミルク』は、製品ボトルに「敏感肌用」と、ど~んと記されています。

デリケートな肌にも優しい低刺激で、石鹸で洗い流せるのが特徴。

「無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラペンフリー、アルコールフリー、アレルギーテスト済み、紫外線吸収剤使用」

全ての化粧品や食品などで記載されているのと同様、しっかり「すべての方にアレルギーが起きない訳ではありません」「使用前に、必ず腕の内側等に少量をつけ異常のないことを確かめてお使いください」と、注意書きがあります。

実際、日焼け止めにはどうしても紫外線吸収剤や紫外線散乱剤というものが含まれてしまいます。

「無印良品」の『日焼け止めミルク』も、紫外線吸収剤によって赤身や湿疹が出る可能性があります。

ただし、肌トラブルにならない日焼け止めの条件として、

  • SPF値が15~30程度
  • 石鹸で洗い落とせるもの
  • 酸化しにくいもの
  • 界面活性剤やシリコン、ポリマー等の刺激の強い成分が極力含まれないもの

が、あげられます。

「無印良品」の『日焼け止めミルク』は、これらをすべてクリアしているので、敏感肌の方への安全性は高いと言えると思います。

心配な方は、「無印良品」の『日焼け止めミルク』に加え、帽子やスカーフなどでもうワンランクの日焼け予防をすると良いですね!

無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とは?口コミはどうなの?

「無印良品」の『日焼け止めミルク』は、発売早々から評判はとてもいいですね。

まず、SPF30・PA++で、十分な効果があることや、ポンプタイプで塗る時の手間が片手でできる手軽さもウケています。

ミルクタイプで、伸びが良いのに気になる白浮きがしないのも人気です。

出かける前に、つけ忘れたりすることもありますね。

玄関においておけば、子供も含めてさっとつけることができるので、日焼け予防には「無印良品」の『日焼け止めミルク』はかなり使い勝手がいいのです。

しかも、たっぷり150mlで、1490円とお得ですし、「無印良品」のシンプルなボトルデザインも人気のひとつです。

無印日焼け止めミルクの紫外線吸収剤とは?のまとめ

「無印良品」の『日焼け止めミルク』は、これからの季節に本当に便利な日焼け止めのケアになりそうですね!

「無印良品」の『日焼け止めミルク』についてまとめてみます。

  • 敏感肌用で、肌に優しく、すぐに石鹸で洗い流せる
  • 紫外線吸収剤が心配の場合は、帽子などのプラスワンの対策を
  • 無印の『日焼け止めミルク』は、日焼け止めを選ぶ基準をすべてクリアしている
  • コスパもよく大容量
  • ポンプタイプなので、片手で使用でき、手軽

皆さんの反響も見てみましょう!

評判はかなり高いですね!

とっても使いやすそうで、これは絶対検討の価値アリ!です。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^▽^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました