宮澤エマって誰?演技は上手い下手?家系図がすごいって本当なの?

えま エンタメ

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に、女優の宮澤エマさんが出演すると決まりました!

宮澤エマさんが起用されるのは、主人公・義時(小栗旬)の妹・阿波局(あわのつぼね)役という重要そうな役どころ。

でも宮澤エマさんって、どんな女優なんでしょう?

送料無料 酵素ドリンク ダイエット 【ファスティープラセンタ100,000】 選べる4タイプ 酵素 ファスティング

どんな人物?

 基本情報

さっそく宮澤エマさんの基本情報をご紹介します!

【宮澤エマ(みやざわ・えま)】
*旧芸名:ラフルアー宮澤エマ
*生年月日:1988年11月23日生まれ(2020.11.18現在、31歳)
*出身地:東京都
*身長:156cm
*血液型:O型
*出身校:聖心インターナショナルスクール、オクシデンタル大学(カリフォルニア州)
*趣味:ミュージカル鑑賞
*特技:英語、ピアノ

宮澤エマさんは、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフです。

幼稚園の年少から年長までは父の仕事でアメリカで暮らしています。

この後、きらびやかな宮澤エマさんの家系図が明らかになります!!!

そうそうたる家系図

宮澤エマさんは大学卒業後の2012年に芸能界入りしています。

当時はタレントとしての活動が目立っていたので、思い出した方も多いのではないでしょうか?

「宮澤」の姓から想像できる、あの宮澤喜一元総理大臣の孫になります!

母親は宮澤喜一元総理大臣の長女でジュエリーの輸入と通販ビジネス会社社長のラルフアー宮沢啓子さん。

父親は元駐日代理大使のクリストファー・ラフルアーさんです。

同じ総理大臣の「孫タレ」としてDAIGO(ダイゴ)さんとも共演したり、比較されることも多かったですね。

もともとは歌手にあこがれていて、自分を表現したいという気持ちが強かったことから芸能界への道を選んだそうです。

演技力について

どんなドラマに出ているの?

宮澤エマさん、大河ドラマに抜てきされましたがあまりドラマや映画で拝見したことがない気がします…(~_~;)

実際、宮澤エマさんはドラマ出演数がとても少なかったです。

ただ2019年には映画「記憶にございません!」のジェット・和田役、2020年には連続テレビ小説「おちょやん」の竹井栗子役、ウェブドラマ「誰かが、見ている」の曽我そと子役を演じています。

この間実は宮澤エマさんは、ミュージカルの舞台でずっと活躍していました。

2013年から、ミュージカル女優として努力を続けていたんです。

テレビに出演となったのは、コロナ禍で舞台の上演が制限されたからかもしれませんね。

演技力については、舞台で培った努力が認められていますし、ウェブドラマ「誰かが、見ている」はあの三谷幸喜さんの作品。

何より演技力や人物の魅力が認められての作品への起用だったと思います!

美しすぎるって本当?

宮澤エマさんは、現在アラサーですがものすごく美しい方です!

パッと見はハーフっぽくはないのですが、時折の視線の強さや表情などはエキゾチックな魅力を感じる女性です!

私が素敵だと思った画像はコチラです!

とてもきれいですよね!

インスタライブもされていて、その時は英語の鼻歌を交えたりする場面もあり、とても気さくな感じです!

 まとめ

「孫タレ」のイメージはもうすっかりなくなった宮澤エマさん!

2020年後期の連続テレビ小説にも出演ということで、これからはこの美しい姿をテレビでも見ることが増えそうです!

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、鎌倉時代の衣装に身を包んだ宮澤エマさんはものすごく綺麗だと思います!

ミュージカルでのファンの方も多いようなので、両立していただければ嬉しいなと思います!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました(^▽^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました