三浦春馬の英語力と発音がヤバい?評価は?先生や勉強法と映像は?

1 エンタメ

三浦春馬さん主演の映画「天外者(てんがらもん)」が、いよいよ公開されます。

映画の中で五代友厚を演じる三浦春馬さんは、英語でのスピーチのシーンがあります。

「天外者(てんがらもん)」でも演技で披露される三浦春馬さんの英語力と発音がヤバいと、大きな話題になっています!

BD/おカネの切れ目が恋のはじまり Blu-ray BOX(Blu-ray) (本編ディスク2枚+特典ディスク1枚)/国内TVドラマ/TCBD-1029 [3/5発売]

英語へのこだわり

環境が良かった?

三浦春馬さんは、茨城県土浦市出身で小学校中学校共に公立でした。

在学中も子役として多くのドラマや映画に出演し、東京都の行き来なども含め多忙であったと言われています。

そして高校進学時には、母親の反対を押し切って芸能人が多く通う堀越高等学校へ進学、映画「恋空」主演などさらに学業との両立となりました。

堀越高等学校の偏差値自体は37と言われており、高いとは言えませんが芸能活動に理解がある学校であることで知られています。

それでも三浦春馬さんは卒業に当たっては、仕事の影響でかなり厳しい状態だったそうで中退も考えざるを得なかったそうです。

けれども当時の担任の先生の力添えで、三浦春馬さんは見事に努力して卒業をしています。

三浦春馬さん自体、英語を含めいわゆる「学校の勉強」をできる環境では育っていなかったと言えるかもしれません。

英語はいつから?

三浦春馬さんは、10代中から主演級のオファーが絶えない人気俳優でした。

次々と来る仕事の合間に英語を学習しようと決意したのはいつだったのでしょうか。

三浦春馬さんが英語の取得を目指したのは20歳ころだと言われていて、その当時「自分の可能性を広げたい、ブロードウェイの舞台に立ちたい」という夢をもっていたそうです。

4歳からアクターズスクールに所属し、7歳から子役として芝居を始めた三浦春馬さんは、ときおり周囲に「自由がほしい」という気持ちを漏らすこともあったようです。

短期の語学留学を2度経験していますが、どちらも1~2か月で英語が身につくまでにはなかなか至らないはずです。

そんな三浦春馬さんが流ちょうな英語が話せる俳優、と言われるようになったのはどんな努力があったのでしょうか?

どんな勉強をしていた?

独学と人脈

三浦春馬さんが英語を学ぶために、実際に行っていた方法は「英語日記」だったそうです。

この「英語日記」は、デザイナー・イラストレーターとしての活躍をしている新井リオさんの著書「英語日記BOY」で紹介されている勉強法です。

どんな勉強法か、調べてみました。

「英語が話せる」という定義を自分なりに決めて目標を具体化したうえで、何がいまの自分に足りなくて必要なことなのか、徹底的に分析して勉強や練習をされていたのが印象的でした。

使用言語を英語に限定する時間を毎日最低3時間、英語で書いた日記を1日100回読み上げるなど、勉強方法はかなりストイックですよね

好書好日

単純に数行の英文でその日の出来事を書き留める、といったものではありませんでした。

1日のうち3時間使用する言葉を英語にする、書いた英語日記を1日100回も読み上げる、このインタビューでもそのストイックさを指摘しています。

没後、三浦春馬さんが「ストイック」と多くの人に評されていたのを思い出しました。

またあるテレビインタビューで三浦春馬さんは、自分の英語が正しいかどうかをネイティブの友人に確認する、そのための人脈も大切にしていると言っていました。

三浦春馬さんは多忙な俳優業をこなしながら、ハリウッドをはじめとする世界を舞台にした活躍を目指して、本や友人を先生にして、ほぼ独学に近い形で英語を学んでいたのです!

映像は?

三浦春馬さんの英語力についての評価はとても高いですね。

突然MCなどに振られたインタビューなどでも、しっかりと英語で対応することができていました。

2020年1月のシンシア・エリヴォさんとマシュー・モリソンさんとの会見でも、きれいな発音の英語を話しています。

台湾で披露した中国語や英語も、突然でも笑顔で答えています。

こちらの動画は43分以上あります。

そして、三浦春馬さんの真骨頂でもあった英語は、個人的に言えばキンキーブーツで歌ったあの曲です。

「Not My Father’s Son」、シンディ・ローパーのつくった名曲です。

私自身、シンディが大好きですが、この難しく美しい歌を英語で完璧に表現する三浦春馬さんを観て、感動という言葉以外出てきませんでした。

作品

三浦春馬さんが遺した、著書、CD、遺作ドラマがあります。

そちらも少し紹介させていただきたいと思います。

三浦春馬さんの生前のものすごい努力と才能、そして心にしみるような満面の笑顔たちに出会えます。

何度も何度も繰り返してみさせていただいていますが、飽きることがないのが不思議です。

「傑出したアーティスト」、所属事務所のアミューズが三浦春馬さんをあらわしたことばでした。

関連記事

三浦春馬

【関連記事】

カネの切れ目が恋のはじまり(カネ恋)

三浦春馬さん、松岡茉優さん主演の「おカネの切れ目が恋のはじまり(カネ恋)」情報は、こちらの記事もぜひご覧ください!

もちろん、「天外者(てんがらもん)」でも共演した、大親友である『W三浦』の三浦翔平さんも出演・三浦春馬さんと共演されています!

まとめ

三浦春馬さんが主演する映画「天外者(てんがらもん)」。

自らの代表作となる映画にしたいと、生前意気込みを監督に語っていたと言います。

映画「天外者(てんがらもん)」の公式ページのキャストやスタッフのコメント欄に、三浦春馬さんはいません。

ただすべてのコメントの中に「春馬」と呼びかける声が記されています

映画「天外者(てんがらもん)」の主演で幕末を駆け抜けた五代友厚を演じた三浦春馬さん、英語力だけではなく殺陣などの身体能力の高さも含め、すべての演技で高評価を受けています。

三浦春馬さんに、ともに作品をつくった仲間やファンの気持ちが届くことを心から願っています。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました