MISIA(ミーシャ)は乗馬をいつからしていた?骨折の後遺症はあるの?

ミーシャ エンタメ

MISIA(ミーシャ)さんがテレビ取材で、落馬事故を起こし骨折の大ケガをしたということです!

MISIA(ミーシ)さんの乗馬歴や、その想いが明らかになりました。

同時にこの骨折の後遺症は、歌や生活に影響はないのか心配です。

【先着特典】So Special Christmas (MISIAオリジナルクリスマスカード) [ MISIA ]

乗馬はいつから?どうして?

10年以上?

MISIA(ミーシャ)さんは、個人的なことをあまり公表していないのですが、乗馬好きはよく知られていました。

MISIA(ミーシャ)さんは、乗馬をする理由をこう述べています。

趣味の乗馬を通し、馬と心が通うかけがえのない時間を過ごしてきた

音楽ナタリー

実際にこの想いを2020年9月16配信シングルの「君の背中にはいつも愛がある」という曲に込め、大きな反響を呼んだばかりです。

この「君の背中にはいつも愛がある」は、JRAの応援ソングとして書き下ろされたもの

CMにも起用され、松坂桃李さんと土屋太鳳さんが出演していました。

‟人と馬との繋がりを感じて貰いたい”という想いで歌詞を書き上げました

音楽ナタリー

MISIA(ミーシャ)さんが乗馬と言う以上に、人と馬との長い歴史と信頼を感じていたことを伝えるものです。

MISIA(ミーシャ)さんが乗馬をはじめた時期ははっきりと分かっておらず調査中ですが、2013年のFB上では久々に乗馬をしたことを嬉しそうに報告しています。

10年以上の乗馬歴があったのではないでしょうか。

原因は?

ニュースでは、このように伝えられています。

事故原因は「NEWS23」のスタッフ数人がインタビュー待機の際、乗馬の指導員から「動かないように」と指示されていたが、何らかの拍子で若干動いてしまい、敏感な馬が反応した可能性がある。

音楽ナタリー

MISIA(ミーシャ)さんの骨折事故は、2020年11月15日に起きていました。

昨年の紅白歌合戦で圧巻の歌唱力とパフォーマンスを見せたMISIA(ミーシャ)さんは、2020年の出場も確実と言われていた中の大事故。

事故は予想できないものですが、紅白以外のツアーも12月から始まろうとしていたこの時期に危険を伴う取材がされてしまったことが残念でなりません。

復帰や後遺症について

回復は予想以上?

MISIA(ミーシャ)さんの骨折は、『背骨の第6・第7胸椎棘(きょうついきょく)突起部の骨折』ということです。

全治6週間と言われる重症ですが、本当に完治できるのでしょうか?

心配で調べたところ、こんな診断がありました。

下部胸椎および上部胸椎棘突起の単独骨折は比較的稀な骨折

有沢修

頸椎や腰椎といった骨折は多いものの、胸椎についてはほぼ動かない箇所のようですが落馬によって起きやすいケガでした。

この胸椎があまり動かない、という部分が治療や完治に影響するのかまでは言及された研究を調査しています。

骨折だけではなくこの骨折の場合は、他箇所の損傷もある場合も少なくないようで、スポーツ選手では復帰が難しくなるということもあるそうです。

復帰は大丈夫?

MISIA(ミーシャ)さんの骨折した『胸椎』はどの場所になるのでしょうか?

『胸椎』は背骨の一部で、『頸椎』『胸椎』『腰椎』の真ん中になります。

図で見てみましょう。

胸椎

ちょうど心臓や肺、胃などの付近にあたります。

MISIA(ミーシャ)さんの圧倒的な歌声、5オクターブの美声は全身から発せられているとはいえこの胸部はシンガーとしてはとても重要な部分です。

無理をすると、生活にも影響する後遺症が出てしまうという報告もありました。

【2020年・MISIAがクリスマスに向けて発表するアルバム】

 まとめ

今回の骨折という重症のケガについては、偶然ではありますがとても大変な時期に起きてしまった事故です。

MISIA(ミーシャ)さんのファンとしては、またステージでの姿とあの歌声・パフォーマンスが観たいところです。

ただ、これからもずっとMISIA(ミーシャ)さんの特別な歌声を聴き続けたいという想いからは、無理せずにしっかりと直してほしいと願う気持ちの方が強いです。

MISIA(ミーシャ)さんの活動は歌だけではありません。

社会活動を含め、頑張ってほしいです!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました