陸海空のクズキャラとは誰?経歴や性格は?テレ朝ナスDに訴訟?【顔画像あり】

テレビ朝日 エンタメ

2020年5月20日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

テレビ朝日の人気番組「陸海空 地球征服するなんて(のち、こんなところでヤバいバル)」(2017年4月11日~2019年6月24日放送)に出演していたという男性から、人気名物ディレクター・ナスDが訴訟を起こされたというのです。

訴訟内容は、ヤラセの加担やスタッフのパワハラ、最も大きいのは出演のギャラの未払いということです。

この原告の男性とは、いったい誰なのか調べてみました。

陸海空のクズキャラとは誰?経歴や性格は?

陸海空のクズキャラとは誰?

テレ朝、というより、ナスDこと友寄隆英(ともより・たかひで)ゼネラルプロデューサーに対し、怒りをぶちまけているのはいったい誰なのでしょう。

情報によると、「陸海空」には当初旅の企画提案やリサーチ、それから海外でのレポーターをすることになったとのことです。

さまざまな話を総合したところ、この「陸海空」に出演し、ナスDやテレ朝に訴訟したという人物は、限定されました。

MASAKI世界一周、別名:小堺正樹さんですね。

MASAKI世界一周さんは、番組内でも視聴者に親しまれていたようですし、ご自身の仕事の一部もメディアと大きくかかわる仕事をしているようです。

陸海空のクズキャラとは誰?経歴や性格は?

MASAKI世界一周さんは、1981年7月29日生まれ、愛知県出身です。

札幌大学を卒業後、ニューヨークへ渡米、旅の中で雑貨・アパレルの買い付け、旅行本の執筆、ジャーナリスト活動、テレビ・ラジオ出演などをしています。

「旅」がMASAKI世界一周さんのライフワークであり、『深夜特急』『猿岩石』などのバッグパッカーブーム以上の『旅ブーム』を起こすことが目標だそうです。

株式会社パールハーバープロダクションという事務所に所属しており、ほぼ芸能事務所といってもいいところです。

MASAKI世界一周さんの性格については、純粋で真面目、という評価が多く、今回の訴訟に至った経緯も、なんとなくそこに原因があるように感じました。

MASAKI世界一周さんの画像はこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

名波はるか✕MASAKI世界一周 MASAKI世界一周の旅ラジオrainbow town fm radio 伝説のグラビアアイドル名波はるかさんとラジオ収録。アイドル経歴が伝説的。お笑い芸人だったとしたらダウンタウン級!? #レインボータウンfm木場スタジオ #レインボータウンfm #レインボータウンfm #名波はるか #nanamiharuka#nanamiharukacosplay #rainbowtownfm #ラジオ#MASAKI世界一周の旅ラジオ#アイドル #グラビアアイドル#グラドル#グラビアアイドル #伝説の #着エロ#fm#am#女優#モデル#ハワイ#着エロクイーン#写真集#ゴマブックス#独裁国家に行ってきた#masaki世界一周#worldwidehunters#旅が仕事#旅が仕事世界一周ブログ#セクシー

MASAKI世界一周 マサキ(@masakiwwhunter)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

ルー大柴✕MASAKI世界一周 ドゥーできるもんならドゥーしてみろ。そうそれが世界ワン周!! 旅トークでトゥギャザー♪ #ルー大柴 #ルー大柴風 #ルー大柴か #ルー大柴化 #masaki世界一周#MASAKI世界一周 #MASAKI世界一周の旅ラジオポッドキャスト #masaki世界一周の旅ラジオ #レインボータウンFM#レインボータウンfm木場 #レインボータウンfm #トゥギャザー#ルー語#英語#world#タレント#芸能人#俳優#女優#モデル#撮影モデル#旅俳優#旅人#旅ラジオ#FM旅ラジオ#パールハーバープロダクション#オランダ旅行#ヒッピー#旅好きフォロー歓迎

MASAKI世界一周 マサキ(@masakiwwhunter)がシェアした投稿 –

個人的には、もう少しヘアスタイルを整えたら、もっとイケメンになると思うのですが、ここでは、あまり関係ありませんでした(-_-;)

ただ、MASAKI世界一周さんは、自分自身より、旅の風景をとてもきれいに撮っていて、本当に旅が好きなんだということも分かりました。

陸海空のクズキャラとは誰?テレ朝ナスDに訴訟?

ナスDとテレ朝を訴えたのは、ほぼMASAKI世界一周さんと思われますが、今回のことでどうしても腑に落ちないことがあります。

まず、MASAKI世界一周さんは、事務所に所属しており、契約は個人で行なわれていたのかどうか、ということです。

このようなトラブルを避けるために、事務所に所属しているはずですね。

また、ナスDさんにどんなに不満があったとしても、出演ギャラの支払いを一局員の権限でできるわけではありません。

MASAKI世界一周さんがナスDさんに請求のメールを送っても、ナスDさんは担当部署に伝え対応を依頼することしかできないはずですし、そもそもテレ朝に請求するのが筋だと思います。

番組制作にあたっては、テレビ局内に編成局もあるし、当然予算やギャラの支払い部署もあるはずです。

私が分からないのは、このMASAKI世界一周さんの所属事務所とテレ朝との関係や契約が事前にどのように取り決められていたか、全く不明なところです。

テレ朝サイドでは、「事実に反する」「根拠がない」「裁判で主張」としています。

これについては、本当に明らかにされなければならないことだと思います。

私は、「陸海空」もMASAKI世界一周さんもナスDさんも大好きです。

良い形の解決ができるといいと思います。

陸海空のクズキャラとは誰?のまとめ

最後になってしまいましたが、MASAKI世界一周さんが主張している、クズキャラをやらされたという画像を紹介します。

MASAKI1 MASAKI2

テレビのバラエティ番組で、素直に自分を出しているのに、少しきついテロップが流れたようにも思えますが、事実は分かりませんね。

それでは、今回の記事のまとめをしてみたいと思います。

  • ナスDとテレ朝を訴えたのは、MASAKI世界一周の可能性が高い
  • MASAKI世界一周は、基本的にまじめで、「旅」をライフワークとしている
  • MASAKI世界一周は、事務所所属であるが、今回の訴訟は個人名なのかが不明
  • 当初の契約内容についてが不明なので、裁判で明らかになるはず

世間の方の反応も見てみたいと思います。

さすがに皆さん、訴訟という行動については驚いているようですね。

円満な解決になるように、願っています。

★ナスD・友寄隆英プロデューサーの番組記事についても、ぜひご覧ください★

ナスDの大冒険インスタやツイッターを調査!ユーチューブ版は違う?

ナスDヒマラヤテント生活満喫?イケメンDの経歴や性格や家族は?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^▽^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました